FC2ブログ

SS-SITE店長日記

DAHON オーソライズドディーラー

ボードウォーク ショートブルホーン&Wレバーカスタム その3

今回のカスタムに限らず、メンテナンスやコンポ入れ替えの際などにチェーンを替えることって結構ありますよね。最近は「クイックリンク」が主流になっていて、簡単・確実に行えるようになってきましたが、コネクトピンでのチェーンの繋ぎ方をおさらいしておきましょう。


チェーンの進行方向にアウターリンク

boardwalk_bull30.jpg

まず、チェーンの長さを決定します。チェーンリングとリアカセットの歯数が変わらなければ、同じリンク数にすればよいのですが、そうでない場合にはフロントアウター、リアカセットロー側(最大歯数)にチェーンをかけて、プラス2リンクで決めていくのが基本になります。その他にも条件によって、チェーンの長さの決め方はいくつかありますので、何かの機会に画像付きでご紹介したいと思います。

シマノの場合チェーンの繋ぎ方は、進行方向にアウターリンクが来る向きを推奨しています。逆では強度と耐久性が劣るとのことです。その他にも、チェーンによっては表裏(左右)があるものもありますので、注意してくださいね。


コネクトピン挿入

boardwalk_bull31.jpg

コネクトピン(ガイド)を挿入します。手で入るところまで押し込めばOK!

チェーンフッカー等があると作業が楽になります。上の画像では要らなくなったスポークで作った簡易チェーンフッカー!


コネクトピン圧入

boardwalk_bull34.jpg

チェーンカッターの出番です。名前の通りチェーンをカットもできますし、繋ぐこともできます。

コネクトピンの中央をゆっくりと押し込んでいきます。慌てて曲がってしまったらいけませんよ!慎重にお願いします。


boardwalk_bull35.jpg

最後まで圧入した状態です。最後までと言っても、感覚や経験によるところが大きいので、表現が難しいのですが、チューンカッターのハンドルを回す力が、フッと抜けるような瞬間があります。そこで止めます。慣れていない場合には、ちょっと手前ぐらいで止めておくと安心です。


繋いだリンクがスムーズに動くか確認

boardwalk_bull33.jpg

コネクトピンが向こう側まで突き抜けました。

この状態で繋いだリンクがスムーズに動くかどうか確認して下さい。チョット固いようでしたら手でクチャクチャして馴染ませてみてください。まだ不十分なようでしたら、再度チェーンカッターを取り付けて、もう少し(1/8回転)だけハンドルを回してみましょう。リンクがスムーズになるまで根気よく繰り返してくださいね。


boardwalk_bull32.jpg

リンクがスムーズに動くことが確認出来たら、突き出しているコネクトピン(ガイド)をペンチ等で折ってしまって完成です!


チェーン継ぎは慣れてしまえば、そんなに難しい作業ではありませんが、やっぱり「クイックリンク」のほうが簡単でいいですかね。


次回はいよいよボードウォークの完成です。お楽しみに!


その他の記事を見たい方→ その1 その2 その3  その4


お問い合わせは

ミヤジマ石油 サイクル事業部
〒416-0945 静岡県富士市宮島272-2

TEL:0545-61-3458  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

SS店長

Author:SS店長
小径車の大好きな自転車店店長が、日常の出来事を好き勝手に書き綴っています。
当店のHPはこちら
SS-SITE
是非ご来店下さい!


最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (12)
自転車 (9)
DAHON (35)
tern (9)
カスタム (22)
セール (12)
Brompton (29)
グッズ・パーツ (2)
FUJI BIKES (1)
メンテナンス (5)
お知らせ (2)
車イス (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん